<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 姫路独協大(兵庫県姫路市)は27日、来年度以降の法科大学院の学生募集を停止すると発表した。同校は新司法試験の合格者数が低迷し、今春は入学者がゼロになるなど、厳しい状況が続いていた。法科大学院の撤退は、2004年の制度開始以来初となる。
 法科大学院は制度発足前に想定されていた学校数を上回る74校が設立され、学生数が増えたことから、質の確保が困難になっている。修了者を対象にした新司法試験の合格率は当初70〜80%が目安とされていたが、昨年は27.6%まで落ち込んだ。 

【関連ニュース】
志願者2万4000人=法科大学院入試、低水準続く
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重
阪大、京大がワースト10に=東大46位
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し
日弁連会長に宇都宮氏=現執行部派制す

調査捕鯨船妨害 ベスーン被告に接見 「シー・シェパード代表は間違っている」(産経新聞)
署へ向かうパトカーの中、加藤被告は泣いていた 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
<神奈川歯科大>歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡(毎日新聞)
山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
[PR]
by g0z62xscyl | 2010-05-28 10:28
 NPO法人自立支援センターふるさとの会はこのほど、低所得要介護高齢者の受け皿の在り方についての研究結果を取りまとめ、困窮、単身、要介護、高齢・障害の「四重苦」を抱える人を救済するための政策を提言した。

 政策提言は、▽24時間の生活支援など介護保険外のサービスを提供する「地域生活支援サービスの現物給付」▽制度のすき間を埋めるコーディネート機能として「サポートセンターの設置」▽地域住民との協力体制をベースとする「地域協働型支援付き住宅の制度化」―の3つ。厚労省に制度化を求めていく方針。

 研究は厚生労働省の社会福祉推進事業として実施。ふるさとの会が、実験的に展開する低所得要介護高齢者向けに介護保険制度と地域住民による支援を併せて提供する「支援付き住宅」の活動事例などを参考に、「高齢被保護者等の地域における居住確保とケアのニーズ調査及びシステム構築の方法に関する研究」報告書としてまとめた。


【関連記事】
高齢者向け施設「たまゆら」の運営NPOが解散
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都

<東京駅>JR東海の55歳社員が転落死 自殺か(毎日新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
元夫を遺棄容疑で逮捕=殺害も示唆、空き家の女性遺体−静岡県警(時事通信)
[PR]
by g0z62xscyl | 2010-05-12 12:47
←menuへ