<今尾の左義長>燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)

 厚化粧した顔に長じゅばん、白足袋姿の若者が燃え上がる炎の周りを駆け回る奇祭「今尾の左義長」(岐阜県重要無形民俗文化財)が11日、同県海津市平田町今尾の秋葉神社で行われ、雨にもかかわらず約6000人が詰めかけた。

 正月飾りなどを燃やし、豊作や無病息災を祈る約400年の伝統行事。「どんど」とも呼ばれる。青竹で作った大きいもので高さ、底の周囲約6メートル、重さ約1.5トンもある竹みこし17基を、若者たちが担いで町内を練り歩いた。その後、神社に集まって次々に点火され、青竹が激しい音を立てて燃えた。火が飛び散る周囲を若者が奇声を上げて走り回ると、見物客からは大きな歓声が上がった。【子林光和】

【関連ニュース】
鬼祭り:「アオー」青鬼駆ける 愛知・豊橋で無病息災願う
重要民俗文化財:沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申
掘り出しニュース:伝統の奇祭「むこ投げ」
文化審答申:漁労用具など5件、重要民俗文化財に指定
阿月神明祭:あす柳井・阿月で /山口

支持率「気にしない」=自民総裁(時事通信)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(下)みんな「小沢」に右往左往(産経新聞)
<磯谷香代子議員>「フリーター」実は「資産家」(毎日新聞)
ハイチ大地震 陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)
風速31メートル 雪道そろり 佐渡(産経新聞)
[PR]
by g0z62xscyl | 2010-02-12 16:34
←menuへ