小沢氏を事情聴取=原資など説明求める−虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏を任意で事情聴取した。政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)らによる収支報告書への虚偽記載に対する認識や、土地購入代の原資について、詳しい説明を求めたとみられる。
 特捜部は、小沢氏側がゼネコンから資金提供を受けていたとみて、石川容疑者らの取り調べを続ける一方、事件への小沢氏の関与についても今後、捜査を進めるもようだ。
 関係者によると、聴取は東京都千代田区のホテルで、4時間以上にわたって行われた。小沢氏は終了後、午後8時ごろから、同ホテルで記者会見する。 

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル(医療介護CBニュース)
<寒波>北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
豊麗なる和のビーナス 聖林寺の十一面観音 (産経新聞)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)
[PR]
by g0z62xscyl | 2010-01-26 15:50
←menuへ